【プレミアリーグ】サッリ監督がアザールの去就について言及「彼も大人。離れたいならそうすべき」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、チームで背番号「10番」を背負うベルギー代表FWエデン・アザールについて言及。ヨーロッパのベストの選手であると称賛し、アザールの考えを尊重すると話した。

【ラ・リーガ】レアルがアザール獲得に向け本格始動!チェルシーは超高額移籍金+コバチッチで容認か

アザールは今シーズン初めからレアル・マドリードへの移籍が度々報じられており、本人も「夢はレアルに行くことだ」と口にしている。今季終了後には本格的に交渉が始まるとされているが、サッリ監督は「エデンは28歳の大人だ。もし彼が出ていきたいのならそうすべきだ。もちろん私は、彼にはチェルシーにいてほしいと願っているし、ヨーロッパでもベストプレイヤーの素質を持っている」とコメント。現在チェルシーとの2020年6月まで残している契約を延長させることも手段の一つと付け加えた。

【プレミアリーグ】ベルギー代表監督がアザール移籍について言及「チェルシーを出る理由が分からない」

レアル側も、2019-20シーズンのチームの中心にアザールを据えようと躍起になっている。アザールを軸に積極的な補強を行い、ジネディーヌ・ジダン前監督とクリスティアーノ・ロナウドの退団に代わる新しい世代を創造しようと画策しているようだ。

シーズン終了後のレアル移籍が噂されるアザール