好投手がズラリ 全30球団 2019年シーズン開幕投手一覧

©MLB Advanced Media, LP.

アメリカ本土でのレギュラーシーズン開幕を4日後に控え、全30球団の開幕投手が出揃った。ここでは、昨季とオープン戦の成績とともに、全30球団の開幕投手の顔ぶれを確認してみよう。

オリオールズ:アレックス・カッブ(初)
【2018年】28試合(28先発) 5勝15敗0セーブ 防御率4.90
【オープン戦】4試合(4先発) 0勝1敗0セーブ 防御率7.45
※オープン戦最終登板で股関節を痛めて降板。開幕戦での登板可否は未定。

レッドソックス:クリス・セール(5度目)
【2018年】27試合(27先発) 12勝4敗0セーブ 防御率2.11
【オープン戦】2試合(2先発) 2勝0敗0セーブ 防御率0.00

ヤンキース:田中将大(4度目)
【2018年】27試合(27先発) 12勝6敗0セーブ 防御率3.75
【オープン戦】5試合(5先発) 2勝0敗0セーブ 防御率2.65
※ルイス・セベリーノが開幕投手に指名されていたものの、右肩の故障により戦線離脱。

レイズ:ブレイク・スネル(初)
【2018年】31試合(31先発) 21勝5敗0セーブ 防御率1.89
【オープン戦】2試合(2先発) 1勝0敗0セーブ 防御率0.00

ブルージェイズ:マーカス・ストローマン(2度目)
【2018年】19試合(19先発) 4勝9敗0セーブ 防御率5.54
【オープン戦】4試合(4先発) 1勝1敗0セーブ 防御率2.19

ホワイトソックス:カルロス・ロドン(初)
【2018年】20試合(20先発) 6勝8敗0セーブ 防御率4.18
【オープン戦】4試合(4先発) 1勝1敗0セーブ 防御率5.65

インディアンス:コリー・クルーバー(5度目)
【2018年】33試合(33先発) 20勝7敗0セーブ 防御率2.89
【オープン戦】3試合(3先発) 1勝0敗0セーブ 防御率7.11

タイガース:ジョーダン・ジマーマン(2度目)
【2018年】25試合(25先発) 7勝8敗0セーブ 防御率4.52
【オープン戦】5試合(5先発) 1勝1敗0セーブ 防御率5.19

ロイヤルズ:ブラッド・ケラー(初)
【2018年】41試合(20先発) 9勝6敗0セーブ 防御率3.08
【オープン戦】5試合(5先発) 1勝0敗0セーブ 防御率5.40

ツインズ:ホゼ・ベリオス(初)
【2018年】32試合(32先発) 12勝11敗0セーブ 防御率3.84
【オープン戦】6試合(6先発) 3勝0敗0セーブ 防御率4.43

アストロズ:ジャスティン・バーランダー(11度目)
【2018年】34試合(34先発) 16勝9敗0セーブ 防御率2.52
【オープン戦】5試合(5先発) 2勝1敗0セーブ 防御率2.60

エンゼルス:トレバー・ケーヒル(2度目)
【2018年】21試合(20先発) 7勝4敗0セーブ 防御率3.76
【オープン戦】5試合(5先発) 0勝2敗0セーブ 防御率6.61

アスレチックス:マイク・ファイアーズ(初)
【2018年】31試合(30先発) 12勝8敗0セーブ 防御率3.56
【オープン戦】2試合(2先発) 0勝0敗0セーブ 防御率8.53
※日本時間3月20日、東京ドームでの開幕戦(対マリナーズ)、3回5失点で敗戦投手に。

マリナーズ:マルコ・ゴンザレス(初)
【2018年】29試合(29先発) 13勝9敗0セーブ 防御率4.00
【オープン戦】4試合(4先発) 0勝1敗0セーブ 防御率9.45
※日本時間3月20日、東京ドームでの開幕戦(対アスレチックス)、6回4失点(自責点3)で勝利投手に。

レンジャーズ:マイク・マイナー(初)
【2018年】28試合(28先発) 12勝8敗0セーブ 防御率4.18
【オープン戦】5試合(5先発) 0勝2敗0セーブ 防御率4.96

ブレーブス:フリオ・テーラン(6度目)
【2018年】31試合(31先発) 9勝9敗0セーブ 防御率3.94
【オープン戦】4試合(4先発) 0勝2敗0セーブ 防御率3.18

マーリンズ:ホゼ・ウーレイナ(2度目)
【2018年】31試合(31先発) 9勝12敗0セーブ 防御率3.98
【オープン戦】5試合(5先発) 0勝1敗0セーブ 防御率2.63

メッツ:ジェイコブ・デグロム(初)
【2018年】32試合(32先発) 10勝9敗0セーブ 防御率1.70
【オープン戦】5試合(5先発) 2勝2敗0セーブ 防御率3.00

フィリーズ:アーロン・ノラ(2度目)
【2018年】33試合(33先発) 17勝6敗0セーブ 防御率2.37
【オープン戦】3試合(3先発) 0勝0敗0セーブ 防御率5.19

ナショナルズ:マックス・シャーザー(4度目)
【2018年】33試合(33先発) 18勝7敗0セーブ 防御率2.53
【オープン戦】6試合(6先発) 0勝2敗0セーブ 防御率4.39

カブス:ジョン・レスター(8度目)
【2018年】32試合(32先発) 18勝6敗0セーブ 防御率3.32
【オープン戦】5試合(5先発) 0勝1敗0セーブ 防御率10.57

レッズ:ルイス・カスティーヨ(初)
【2018年】31試合(31先発) 10勝12敗0セーブ 防御率4.30
【オープン戦】4試合(2先発) 0勝2敗0セーブ 防御率12.46

ブリュワーズ:ヨーリス・チャシーン(3度目)
【2018年】35試合(35先発) 15勝8敗0セーブ 防御率3.50
【オープン戦】4試合(4先発) 1勝0敗0セーブ 防御率2.57

パイレーツ:ジェイムソン・タイオン(初)
【2018年】32試合(32先発) 14勝10敗0セーブ 防御率3.20
【オープン戦】3試合(3先発) 1勝1敗0セーブ 防御率4.85

カージナルス:マイルズ・マイコラス(初)
【2018年】32試合(32先発) 18勝4敗0セーブ 防御率2.83
【オープン戦】4試合(4先発) 0勝1敗0セーブ 防御率6.23

ダイヤモンドバックス:ザック・グレインキー(4度目)
【2018年】33試合(33先発) 15勝11敗0セーブ 防御率3.21
【オープン戦】3試合(3先発) 0勝0敗0セーブ 防御率2.79

ロッキーズ:カイル・フリーランド(初)
【2018年】33試合(33先発) 17勝7敗0セーブ 防御率2.85
【オープン戦】5試合(5先発) 4勝1敗0セーブ 防御率4.12

ドジャース:柳賢振(リュ・ヒョンジン:初)
【2018年】15試合(15先発) 7勝3敗0セーブ 防御率1.97
【オープン戦】5試合(5先発) 0勝1敗0セーブ 防御率3.00

パドレス:エリック・ラウアー(初)
【2018年】23試合(23先発) 6勝7敗0セーブ 防御率4.34
【オープン戦】3試合(2先発) 0勝0敗0セーブ 防御率0.00

ジャイアンツ:マディソン・バムガーナー(5度目)
【2018年】21試合(21先発) 6勝7敗0セーブ 防御率3.26
【オープン戦】6試合(6先発) 1勝3敗0セーブ 防御率8.27