【ラ・リーガ】バルサ会長がバルベルデ監督の続投を強調「彼が監督でハッピーだ」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、解任が噂されるエルネスト・バルベルデ監督の信頼を強調した。

【ラ・リーガ】コウチーニョ代理人がグリーズマン加入による退団を否定「事実ではない」

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝リバプール戦で歴史的大敗を喫したバルサ。昨シーズンのローマ戦に続き、チャンピオンズリーグのタイトルを逆転負けで逃したバルベルデ監督に批判が集中しており、先日行われたラ・リーガ第37節ヘタフェ戦では、一部サポーターから解任の声があがっていた。そんな中、本の出版イベントに出席したバルトメウ会長は、バルベルデ監督の去就について問われ、「彼は私たちが求めていた監督だし、来シーズンも続投する。先日も行ったようにクラブは彼をサポートしていく」と語った。

【ラ・リーガ】歴史的大敗からの再起誓うバルベルデ監督「大脱走する気分」

バルベルデ監督とバルサは、今年2月に1年の延長オプションが付いた2020年までの新契約を締結した。バルトメウ会長も「彼と契約延長できてハッピーだ」とコメント。「他にもコパ・デル・レイ決勝後に彼のプランに沿った選手と契約する予定だ。世間的に見ればこの上ない最高のシーズンを過ごしている。リーガ優勝を達成したからね」と続けている。

バルサ会長がバルベルデ監督続投を強調