ユニフォームで振り返るCL決勝~2008-09 バルセロナ対マンチェスター・U

©株式会社コリー

欧州強豪による激闘の末、トッテナムとリヴァプールが勝ち残った2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

現地時間6月1日に行われる注目の決勝を前に、過去の決勝戦で使用されたユニフォームを振り返っていきたい。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

今回は、2008-09シーズンの決勝、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドをお届け。

バルセロナ(Nike)×マンチェスター・U(Nike)

バルセロナのユニフォームは07-08ホームキット。ストライプではなく、100周年記念キット以来となる臙脂と青のバイカラー(ツートン)が話題となった。首元の内側にはイムノ(応援歌)の歌詞をプリントしていた。

2年連続で決勝に駒を進めたマンチェスター・Uは、08-09アウェイキットで試合に臨んだ。白を基調に青の差し色で、襟部分のみメインカラーの赤で彩る。両脇を走る青のラインが特徴的なデザインだった。

両方ともキットサプライヤーがNikeということもあり、胸には「FINAL ROMA 2009 27TH MAY STADIO OLIMPICO」とレタリングした共通のマッチ・デイをあしらっていた。

2008-09 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

2009年5月27日

バルセロナ 2-0 マンチェスター・U

@スタディオ・オリンピコ

エトー(10分/バ)

メッシ(70分/バ)