【コパ・アメリカ】ブラジルが3度ネットを揺らすも…VAR等で取り消しとなりスコアレス

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

18日にコパ・アメリカか行われ、開催国ブラジルがアレーナ・フォンチ・ノヴァでベネズエラと対戦した。

初戦で快勝し勢いに乗るブラジルは、ベネズエラに勝利すれば決勝トーナメント進出が決定。大会前の親善試合で負傷しいてたアルトゥールが復帰を果たし、スタメンに名を連ねた。開催国として南米王者の称号を手にしたいブラジルは、38分に右サイドからダニエウ・アウベスが低い弾道のクロスを送ると、ボールを受けたロベルト・フィルミーノが右足でシュートを放つ。先制かに思われたが、直前にファールがあったとしゴールは取り消しとなり、スコアレスで試合を折り返す。

【コパ・アメリカ】悩めるコウチーニョが2ゴールと躍動!開催国ブラジルがボリビアとの開幕戦を制す!

後半に入っても主導権を握るブラジルは60分、途中出場のガブリエル・ジェズスのシュートのこぼれ球にフィルミーノが反応。グラウンダーのクロスに最後はジェズスが押し込んだものの、今大会から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、フィルミーノの位置がオフサイドと判断されノーゴールに。さらに87分にはフィリッペ・コウチーニョが右足で流し込んだが、またもVARでオフサイドの判定となり、0-0で試合終了。3度もネットを揺らしたもののいずれも無得点に終わり、ブラジルのグループステージ突破は次節に持ち越しとなった。

VARに泣かされブラジルがベネズエラとスコアレス