レイエス逆転弾 パドレスがブリュワーズ3連戦スイープ

©MLB Advanced Media, LP.

【ブリュワーズ7-8パドレス】@ペトコ・パーク

パドレスは、1点リードで迎えた7回表に4番手のヘラルド・レイエスがヤスマニ・グランダルに16号3ランを浴び、ブリュワーズに逆転を許したものの、直後の7回裏に無死一・二塁のチャンスを作り、フランミル・レイエスが20号逆転3ラン。ブリュワーズとの3連戦の最終戦を逆転で制し、本拠地ペトコ・パークでの3連戦をスイープした。グランダルに逆転弾を浴びたG・レイエスが打線に助けられて今季4勝目(0敗)、8回表二死からマウンドに上がった6番手のクレイグ・スタメンが今季3セーブ目をマーク。ブリュワーズはF・レイエスに逆転弾を浴びた3番手のジェレミー・ジェフレスが今季初黒星(1勝)を喫した。

ブリュワーズがザック・デービース、パドレスがマット・ストラームの先発で始まった一戦は、序盤から点の取り合いとなり、1回表にライアン・ブラウンの12号ソロでブリュワーズが先制すると、1回裏にエリック・ホズマーの11号2ランでパドレスが逆転。パドレスが2回裏にマニー・マチャドのタイムリーでリードを2点に広げると、ブリュワーズは3回表にブラウンの2点タイムリー二塁打で同点としたが、パドレスは3回裏にグレッグ・ガルシアのタイムリー三塁打とマニュエル・マーゴのタイムリーで勝ち越しに成功した。その後、ブリュワーズは5回表にクリスチャン・イェリッチの27号ソロで1点差に迫り、7回表にグランダルの一発で逆転。しかし、パドレスは7回裏にF・レイエスがチームを勝利に導く逆転弾を放った。