【高校野球神奈川大会】鎌学、商大を5―2で下し8強 八回に突き放す

©株式会社神奈川新聞社

【鎌倉学園-横浜商大】鎌倉学園先発・作野

<鎌倉学園5-2横浜商大> 夏の高校野球は22日、神奈川大会5回戦で第1シードの鎌倉学園が5―2で横浜商大を下し、ベスト8進出を果たした。24日の準々決勝で日大藤沢―座間の勝者と対戦する。

 鎌倉学園は三回1死一、二塁で磯崎が左越え二塁打を放って1点を先制。四回には竹村、七回には小山の適時打で加点し、八回には有馬の2点タイムリーで突き放すなど計10安打。先発の左腕作野は被安打7、2失点で完投した。

 鎌倉学園は昨夏の南神奈川大会で準優勝し、今春の県大会では4強入りしていた。