【セリエA】C・ロナウドの欠場でゲーム主催者が激怒 「契約違反だ」と訴訟を検討

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

先日行われたユベントスとKリーグオールスターズとの親善試合でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが欠場したことで、一部の韓国サポーターが憤慨しているようだ。

【セリエA】2019-20シーズンの日程が決定!第2節でユーベとナポリのビッグマッチが実現

ユーベとKリーグオールスターズの一戦ではC・ロナウドが最低45分出場する契約が交わされていた様だが、34歳ポルトガル代表がピッチに立つことはなかった。これに対してゲーム主催者『ザ・ファスタ』が激昂して弁護士に依頼し、「多くの人がロナウドに会うためにチケットを購入した。ファスタは、ユベントスと契約した内容を公表した。ロナウドは少なくても45分プレーすることが約束されており、ファンのサインイベントも開催すると明言していた」と報告書を提出。チケット代や精神的苦痛を含め計100万ウォン(約9万1000円)を請求すると声明を出している。

C・ロナウドの欠場に韓国側が憤慨