新幹線長崎ルート アセス費計上 中村知事要請 予算編成控え国交省に

©株式会社長崎新聞社

 九州新幹線長崎ルートで未着工の新鳥栖-武雄温泉の整備を巡り、中村法道知事は6日、国土交通省で水嶋智鉄道局長と会い、フル規格化に向けた環境影響評価(アセスメント)費の政府予算案への計上を要請した。中村知事は「(佐賀県の)理解を得られるよう努力してほしい」と伝えたという。
 予算編成が年末に迫る中、フル規格を求める本県の立場を改めて伝えるため上京。面会は非公開で、水嶋局長は「最後までしっかり頑張る」と応じたという。
 アセス費計上を巡っては、山口祥義佐賀県知事が「環境にない」と反対姿勢を鮮明にしている。
 また中村知事は国交省、長崎、佐賀両県、JR九州の4者協議の実現についても水嶋局長に「(佐賀県に)早く協議の場に乗っていただけるように努力をお願いしたい」と求めた。