【プレミアリーグ】チェルシーがリードを守り切れず…数的不利のアーセナルが土壇場でドローに持ち込む

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ第24節が21日に開催し、チェルシーとアーセナルの“ビッグロンドン・ダービー”が実現した。

【プレミアリーグ】1ヶ月も経たない内に“ビッグロンドン・ダービー”が再び実現!チェルシーが通算5度目のシーズンダブルを狙う 〜第24節プレビュー〜

年末から1ヶ月経たぬうちに再び相まみえることとなった同カード。序盤からチェルシーがボールを持ち主導権を握ると、26分にバックパスを奪ったテイミー・エイブラハムがペナルティエリア内でダビド・ルイスに倒されてPKの判定に。D・ルイスは一発退場となり、キッカーを担当したジョルジーニョがゴール右隅に沈め、ホームのチェルシーがリードして試合を折り返す。

【セリエA】インテル、プレミアから再び選手補強!コンテ監督の愛弟子モーゼスを獲得

スコアや人数で優位に立ったチェルシーが後半もゲームを支配するかに見えたが、リベンジに燃えるアーセナルが反撃に出る。63分に18歳ガブリエウ・マルチネッリが自陣からカウンターを発動すると、最終ラインのエヌゴロ・カンテが転倒したことで独走状態に。最後は冷静に得点を挙げ、アーセナルが同点に追いつく。チェルシーも84分にセサル・アスピリクエタが勝ち越し弾を決めるも、3分後にケガから復帰したエクトル・ベジェリンが左足でシュートを放つ。狙い澄ましたボールはゴール左に吸い込まれ、ロンドンの激闘は2-2の引き分けに終わった。

数的不利のアーセナルが土壇場で同点に追いつく