【プレミアリーグ】エイブラハムがアーセナル戦で足首を負傷… チェルシー、長期離脱ならストライカー補強が必須に

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーのイングランド代表FWテイミー・エイブラハムがアーセナル戦で負傷し、長期離脱ならストライカー補強が必須となった。

【プレミアリーグ】チェルシーがリードを守り切れず…数的不利のアーセナルが土壇場でドローに持ち込む

プレミアリーグ第24節でアーセナルとのダービーに臨んだチェルシーは、前半にダビド・ルイスが一発退場となったファウルでPKを獲得し、ジョルジーニョが先制点を奪取。ところが後半に入りアーセナルの猛攻を受け、互いに1点ずつ取り合った87分、エクトル・ベジェリンの左足シュートで同点に追いつかれ、2-2の引き分けに終わった。今試合で先発フル出場を果たしたエイブラハムは、試合後に足首の負傷が発覚。フランク・ランパード監督はケガの程度や移籍市場での動きについて語った。

【リーグ・アン】32歳カバーニがPSGに移籍を申請 レオナルドSDが明かす「リクエストがあった」

「彼は足首に氷を巻いていたけど、話してないからまだ分からない。長い離脱にならないことを願っている。もしそうなら私たちは他の選手で対処する。今シーズンは改善が必要な部分をピッチが教えてくれた。今冬だけで解決できるとは思えない。私たちにとってはあまりに短すぎるよ」。

エイブラハムが負傷したチェルシー