【コパ・デル・レイ】メッシが2G1Aと躍動!今季5度目のマニータでバルサが順当にベスト8進出!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

30日にコパ・デル・レイ4回戦が開催し、バルセロナが本拠地カンプ・ノウでレガネスと対戦。セビージャは2部に所属するミランデスとの一戦に臨んだ。

【ラ・リーガ】バルサがウィリアンに再アプローチ!移籍金27億円のオファー提示へ

コパのタイトル奪還を目指すバルサは4分、アントワーヌ・グリーズマンが流し込みいきなり先制点をゲット。エースのリオネル・メッシも輝きを放ち、27分にはCKからクレマン・ラングレのヘディング弾をお膳立て。59分に得意の左足でネットを揺らすと、1点を追加した試合終了間際には、イバン・ラキティッチのスルーパスからドブレーテ(1試合2得点)を成し遂げる。チームも今季5度目のマニータを達成し、順当に次ラウンド突破を決めた。

【コパ・デル・レイ】4回戦組み合わせが決定!香川擁するサラゴサがレアルと激突

敵地に乗り込んだセビージャはゲームの入り方に失敗し、開始7分にいきなり失点。するとミランデスの勢いに完全に呑み込まれ、30分には豪快なミドルシュートを決められてしまう。後半開始早々に一気に3枚替えを敢行する強攻策を講じるも、状況を打開するに至らず痛恨の3失点目を喫して万事休す。1-3でセビージャが下部リーグのクラブにアップセットを食らってしまった。

メッシの活躍でバルサマニータで勝利