【ラ・リーガ】バルサが選手やスタッフのサラリー削減を発表…クラブの施設は保健所に提供

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

バルセロナはコロナウイルスによって引き起こされる経済的影響を抑えるため、選手やスタッフのサラリーをカットすると発表した。

【ラ・リーガ】メッシやグアルディオラが動く!バルサの病院などに1億2000万円寄付

ラ・リーガは今月初めに中断を発表。スペインでのコロナウイルス蔓延は収束される様子はなく、再開の目処は立っていない。各クラブの収入源に大きな影響を与える中、バルサは中断時期に比例して関係者全員のサラリーを削減するとアナウンスした。

【コロナウイルス】なぜイタリアやスペインばかり…ベルガモ市長が原因を指摘「引き金はアタランタvsバレンシアの1stレグ」

「全てのスポーツに於いて経済的な危機に直面している。この状況の措置として労働時間の短縮を施し、その結果によるサラリーを比例的に削減する決断をした」。バルサは加えて、クラブの施設を地元の保健所に提供することや80歳以上のサポーターをサポートすると伝えている。

バルサが関係者全員のサラー削減を発表