【新型コロナ】神奈川県所管域で男女7人の感染確認 20~40代が半数

©株式会社神奈川新聞社

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は13日、県所管域で新たに20~90代の男女7人の感染が確認されたと発表した。うち5人が感染経路不明だった。

 内訳は大和市3人、秦野市、鎌倉市、横浜市、山北町が各1人。20~40代が4人と全体の半数を占めた。

 山北町で初めて感染が確認されたのは、90代の女性。10日に嘔吐し医療機関の受診で肺炎が疑われ、そのまま入院。12日に陽性が確認された。酸素吸入が必要な中等症で、感染経路は調査中という。

 横浜市の80代の女性も陽性が判明。7日に都内から自宅を訪ねてきた知人も発症しており、濃厚接触者とされた。大和市では30~80代の男性3人の感染が確認されたほか、秦野市の20代の無職女性、鎌倉市の40代の会社員男性も判明した。