【DFL】来季のドイツ1部&2部リーグは全席使用可能に 8月に36クラブによる投票を開催

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ドイツ・フットボール・リーグ(DFL)は、2020-21シーズンからスタジアムの全席開放を検討しているようだ。

【DFBポカール】バイエルンが20回目のポカール制覇!2シーズン連続国内2冠達成!

コロナウイルスのパンデミックから再開された今シーズンでは、ドイツリーグは最終節まで無観客で開催。そんな中DFLは、来シーズンからブンデスリーガと2部リーグで全席使用許可を画策しており、スタジアムにファンを戻す計画を立てている。DFLが提案したプランでは、アルコール販売の禁止とスタンディングエリアの閉鎖、ガイドラインに基づいて入場を許可しコロナウイルス感染が検出された場合は協会が医学的措置をとる事に。アウェイでの遠征は実行まで時間が掛かる見通しで、ビジター側のチケット10%は廃止にする方針だ。この提案は8月4日に全36クラブによる投票で可決され、新シーズンは9月18日に開幕する。

新シーズンから全席使用許可を検討