10日(月)の天気 関東は危険な暑さと急な雨 台風5号は九州北部に接近

©株式会社ウェザーマップ

 きょう10日(月)は、沖縄~四国と北海道で雨が降る予想だ。その他の地域でも内陸部を中心に、午後、急な雷雨に注意してほしい。
 また、多くの地域で猛暑日となる見込み。屋外にいる時は、マスクの装着だけでなく、マスクを外す必要がある事も、念頭に置いて行動したい。

熱中症警戒アラート 関東全域に発表

 今年7月から関東甲信地方で試行が開始され、先週初めて発表された熱中症警戒アラートがきょう、関東全域で発表された。これは、気温や湿度などをもとに計算される暑さ指数(WBGT)を基準に、熱中症の危険が高くなることが予測される場合に発表される。きょうは、東京やさいたまで最高気温が35℃、関東のほとんどの地域で最小湿度が50%を上回る予想だ。こまめな水分補給や、人との距離がある時はマスクを外すなど、熱中症対策をしっかりと行ってほしい。

関東~近畿 急な雷雨

 日中、晴れる予想の関東~近畿だが、午後は大気の状態が不安定になり急な雷雨の可能性がある。外出や洗濯物の外干しの際は、空模様の変化に注意したい。

台風5号 沖縄~四国で雨 九州北部で暴風・高波に警戒

 10日午前5時現在、台風5号は東シナ海を北上している。今後、朝鮮半島を通り、あす11日朝には日本海で温帯低気圧に変わる見込み。台風が最も接近する九州北部では、暴風・高波に注意・警戒が必要だ。
 また、湿った空気の影響で台風から遠い沖縄や四国でも雨が降る。特に四国ではあす11日18時までに多い所で250ミリの雨が降る所がありそうだ。土砂災害や河川の増水に警戒してほしい。

北海道 雨

 北海道では、前線の影響で、雨の降りやすい一日になる。雷を伴う所もありそうだ。また、あす11日(火)には、台風5号から変わった低気圧が前線と一体となって、局地的に大雨になる可能性がある。あさってにかけて、空模様の急変に注意したい。

<10日(金)の予想最高気温(前日差)>
札幌  27℃(+1℃)平年並み
仙台  33℃(+5℃)真夏以上
新潟  34℃(+6℃)真夏以上
東京  35℃(±0℃)真夏以上
名古屋 35℃(±0℃)真夏以上
大阪  35℃(±0℃)平年並み
福岡  34℃(-1℃)平年並み
那覇  31℃(+2℃)平年並み

(気象予報士・森戸美唯)