WRCがエストニアで再開。初日はラッピとオジエが同タイムで首位に

©株式会社サンズ

 9月4日、約半年にわたって中断されていた2020年シーズンのWRC世界ラリー選手権がエストニアで再開され、この第4戦の競技初日に行われたSS1でエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)と、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が同タイムを記録し、ラリー1日目のトップに立っている。
 
 新型コロナウイルス・パンデミックの影響で3月の第3戦メキシコ以降、シーズンの中断を余儀なくされていたWRCが約半年ぶりに再開された。その舞台となったのはバルト三国のひとつであるエストニアだ。
 
 WRCのイベントとしては初開催となったラリー・エストニアは南部の都市タルトゥを中心に展開され、競技初日となった4日はそのタルトゥの街はずれに設定されたショートコースでSS1が行われた。
 
 全長1.29kmのこのステージで最速タイムをマークしたのは隣国フィンランド出身のラッピで、タイムは1分17秒0。これに選手権リーダーとしてエストニアに乗り込んできたオジエがまったくの同タイムで並んだ。

「戻ってきて、こうしてラリーを戦えるのは良いことだ」とWRC公式サイトWRC.comに語ったオジエは、「すべての準備が整いクルマのフィーリングもいい。(ここに来るまでに)良い準備ができたから頑張るよ」と続けた。

 一方、ラッピはフィエスタWRCと自身のパフォーマンスに驚いたという。
 
「正直に言ってそれほどフィーリングは良くなかった」とラッピ。

「明日のステージはこんなものではないが、シェイクダウンに続いてオープニングステージでもいい結果がでているので楽しみにしている」

エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)

 この両者の後方では“地元の英雄”オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)が0.1秒差で総合3番手につけ、4番手にはクレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)、5番手にエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が続き、ここまでが1分17秒台。

 総合6番手はシトロエンC3 R5を駆りWRC2クラスに参戦しているマッズ・オストベルグが、1分18秒2というタイムを刻んでこの位置につけ、勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)がコンマ2秒差で総合7番手となった。
 
 トヨタワークスの3人目、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)は勝田と同タイムの8番手。総合9番手も同タイムで、ポンタス・ティデマンド(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)がトップ10に入った。
 
 選手権3位のティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)は1分18秒5で総合11番手。シェイクダウンでコースアウトを喫したテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)が同タイムで12番手となっている。
 
 WRC第4戦エストニアの競技2日目となる5日(土)は、タルトゥの南に設定された5本のステージを午前と午後に各1回ずつ走行する。計10本のSSの合計距離は147.19kmで、この週末中もっとも長い距離を走ることになる。ステージはいずれもグラベル(未舗装路)だ。

オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)
クレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)
マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 R5)
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)
テーム・スニネンのフォード・フィエスタWRCを修復するMスポーツ・フォードのスタッフ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)