立憲民主 長崎県連解散 全議員合流新党へ

©株式会社長崎新聞社

 合流新党が結党されるのを前に、立憲民主党長崎県連は14日付で解散した。所属する衆院議員や県議、市議計7人は全員、合流新党の立憲民主党に参加する方針。
 13日に大村市の県連本部であった幹事会で山田勝彦代表は「何のための合流かということを県民に伝えていくことが大事。合流しない国民民主の議員についても、再合流や野党連携を目指していきたい」と述べた。