30日(金)の天気 冬型の天気分布 12月並みの寒気で夜は関東山沿いで積雪か

©株式会社ウェザーマップ

30日(金)昼前[上]と夜[下]の天気分布予想

 きょう30日(金)は冬型の天気分布となり、日本海側では曇りや雨の所が多くなりそうだ。

 そのほかの各地は晴れる所が多いが、関東北部の山沿いでは夜から雪になる所があり、積雪となるおそれもある。

日本海側は曇りや雨 雷雨の所も

30日(金)の全国の天気と予想最高気温

 きょうは西高東低の冬型の気圧配置で、日本海側では曇りや雨の所が多くなりそうだ。雷を伴う所もあるため、落雷や突風などに注意が必要となる。

 一方、太平洋側では晴れる所が多いが、気温は全国的にきのうより低くなる。

 最高気温は関東から西の地域では20℃前後、北陸や北日本は13℃前後の所が多く、北よりの風で空気がヒンヤリと感じられそうだ。

師走並みの寒気南下 夜は関東の山沿いで雪も

30日(金)午後9時の上空の寒気と予想天気図

 日本付近にはこの時季としては強い寒気が流れ込む。

 今夜には12月並みの寒気が東日本まで南下する予想で、長野県や関東北部の山沿い、標高およそ1000メートル以上の地域では、夜からあすの明け方にかけて雪になる所がありそうだ。

 場所によっては積雪するおそれもあるため、峠越えなどする際は路面状況に注意が必要となる。

(気象予報士・多胡安那)