「ルール違反」「言いがかり」中韓戦でマナーを巡る〝場外乱闘〟ボッ発 サッカー女子五輪予選で

©株式会社東京スポーツ新聞社

また騒動だ(写真はイメージ)

サッカー女子の中韓戦で、〝場外乱闘〟がぼっ発中だ。東京五輪アジア最終予選プレーオフ第2戦が13日、中国・蘇州で行われる。第1戦(8日、韓国・高陽)は中国が2―1で勝利。五輪出場をかけた決戦を前に「新浪体育」は10日、「韓国メディアが『中国サポーターのさらに激しい声援が韓国選手のパフォーマンスに影響するのでは』と心配している」と、韓国に対する皮肉交じりの記事を掲載した。

報じられたのは韓国ポータルサイト「ネイバー」に掲載された記事について。第1戦、後半に一部の中国サポーターが新型コロナウイルス感染防止のため禁止されている声援を送る場面があったと指摘。「韓国だけではなく、AFC(アジアサッカー連盟)でも禁止しているこのようなマナー破りが、韓国の選手や韓国サポーターの神経を逆なでした。中国ホームの第2戦ではさらに激しくなる可能性があり、(韓国選手の)パフォーマンスに影響すると懸念されている」とというものだ。

試合直後から複数の韓国メディアが中国サポーターの声援をルール違反だと指摘。一方の中国メディアは「負けた理由をサポーターのせいにした」「言いがかりだ」などと反撃しており、第2戦へ場外戦がヒートアップしている模様だ。

報道によれば、すでに第2戦のチケットは完売しているという。一体どんな展開が待っているのか。