ウェストハム、“降格シーズン”に触発の2018-19新サードユニフォーム!GKユニも掲載

©株式会社コリー

今季序盤は黒星先行で苦しんでいるウェストハム。しかし29日の試合ではマンチェスター・ユナイテッドを下すなど、チーム状態は上昇傾向にあるようだ。

そんな今季のサードキットを、クラブとUmbroは7月24日にリリース。今回のデザインは、クラブが降格したシーズンのサードキットにインスパイアされたという。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

West Ham United 2018-19 Umbro Third

新しいサードキットはライトグレーを基調に、ブルーとクラレットのチームカラーで各部を彩る。チームエンブレムもシャツに合わせてカラーチェンジ。両肩のグラフィックはウェストハムらしくないデザインだが、これこそがインスパイアの“ネタ元”に共通する部分。

新サードキットのデザインは、“クラブ史上初のサードキット”である1991-92モデルにインスパイアされたという。画像は当時のBukta製サードキットで、両袖の特徴的な斜めデザインが共通する。

ウェストハムはこの1991-92シーズンに1部昇格を遂げたが、最下位でシーズンを終了。1シーズンで2部へ逆戻りとなった。

パンツはシャツと同じくライトグレー。ソックスはブルー/クラレットのチームカラーで彩る。

左袖にはスポンサー「Basset & Gold」のロゴマークを掲出。

ウェストハムは今季3種類のGKユニフォームを使用しているので、各キットを簡単に見てみよう。

West Ham United 2018-19 Umbro GK Home

ブラックを基調としたホームGKキット。ダズル迷彩柄のような模様をボディ部分にあしらう。

今季加入のウカシュ・ファビアンスキがウェストハムの新守護神。パンツとソックスはシャツと同じブラックを基調とする。

West Ham United 2018-19 Umbro GK Away

アウェイGKキットは、ホームとは反対に袖部分にダズル迷彩のグラフィックが入る。

アーセナル戦で着用したイエロー/オレンジのGKキットについては詳細未発表だが、恐らくはサードGKキットと思われる。