パナマ代表、“Jクラブに狙ってほしい”注目の5人

©株式会社コリー

本日、日本代表と国際親善試合で対戦するパナマ代表。

彼らはちょうど1年前の10月10日に悲願のワールドカップ初出場を決め、今夏ロシアで開催された本大会ではグループ全敗に終わったものの、イングランド代表から歴史的な初ゴールを記録した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ただ大会後、コロンビア人のエルナン・ダリオ・ゴメス監督が退任し、10年以上チームを支えてきた“重鎮”たちが揃って代表引退を表明。今回の来日メンバーには本大会に出場した15人が選ばれているが、ほとんど別のチームとして再始動することとなる。

今回は、そんな新生パナマ代表のなかから、“Jクラブにも獲得を狙ってほしい”有力な選手を特集してみよう。

フィデル・エスコバル

23歳のエスコバルは、新生パナマ代表のディフェンスリーダーとして期待される。

2015年U-20ワールドカップでDFながら2ゴールを決めて脚光を浴び、ポルトガルの名門スポルティングへ。ここでは出番を得られなかったものの、MLSのニューヨーク・レッドブルズで“違い”を見せ付ける。

その結果、「同国史上最高のDF」にして、後にワールドカップで歴史的な初得点を記録するフェリペ・バロイからA代表でのポジションを奪うことにも成功した。

そんな彼のプレーを形容するなら「パナマのルシオ」。攻め上がりからの稲妻のようなロングシュートやフリーキックは、流れの中でなかなかゴールを奪えないパナマの得点源となっている。

ワールドカップでも3試合に先発し、その強烈なフリーキック、ハーフウェーライン付近からの超ロングシュートでスタンドを沸かせた。

ルイス・メヒーア

パナマ代表はワールドカップでゴールマウスを守り、“ブッフォンそっくり”としても話題になったハイメ・ペネドが大会後に代表を引退した。

10年以上も代表の守護神を務めたペネドの穴を埋めるのは簡単ではないが、素質だけなら27歳のメヒーアは全く劣らない。

幼年期から将来を嘱望された彼は、2007年U-20ワールドカップに16歳で出場しビッグセーブを連発。その活躍により10代の若さで国外へ飛び、これまでウルグアイやスペインのマジョルカB、フランスのトゥールーズなどでのプレーを経験した。

やや伸び悩んだことでワールドカップは選出外となったが、今年はウルグアイの名門ナシオナルで出場機会を獲得しており、再び代表でのレギュラー争いに名乗りを挙げている。

ひとたび当たり始めると、スパイダーマンのように躍動感の溢れるセービングでシュートを止める。現地メディアの予想ではカルデロンが先発となっているが、もし彼が起用された場合、先月、コスタリカを粉砕した日本代表はゴールを割ることはできるだろうか。

マイケル・ムリージョ

フィデル・エスコバルと同じくU-20代表で活躍して脚光を浴び、現在はエスコバルも所属するMLSのニューヨーク・レッドブルズでプレーするムリージョ。

彼の武器はその並外れた身体能力とフィジカル能力で、粗削りではあるものの、90分間、苦痛を見せずに攻撃参加を繰り返すことができる。

代表では守備専門の33歳マチャドと右サイドバックのポジションを争っていたが、ボリージョ・ゴメス前監督は、底知れない潜在能力を持つムリージョをワールドカップで先発に抜擢。ベルギー戦ではあのアザールと1対1の局面で互角にやり合った。

欧州行きの可能性がある選手だが、Jもこんな隠れた逸材を発掘できるようになれば面白くなるだろう。ちなみに日本戦では、ボランチでの起用も予想されている。

ミゲル・カマルゴ

リオ五輪世代のU-23代表で10番を背負ったカマルゴが、今回、日本でもパナマ代表の10番を付ける。

エルサルバドルやベネズエラ、元フランス代表パトリック・ヴィエラ監督(現ニース)が率いたニューヨーク・シティでのプレー経験もある25歳は、パナマ人としてはやや珍しく、個人での打開力は乏しいものの足元の技術やパスを得意とする。

キックの強さも武器で、2016年コパ・アメリカ・センテナリオのグループステージ最終節チリ戦では、その強烈なシュートがGKクラウディオ・ブラボを強襲し、世界的名手のミスを誘ってゴールを奪った。

ボリージョ・ゴメス前監督からも評価されていたが、ワールドカップ前の負傷で本大会の出場を逃すことに。その悔しさをバネに、新チームでは存在感を見せたいところだ。

アブディエル・アローヨ

デリー・バルデス兄弟のような怪物級FWを輩出するパナマだが、現在の代表で一番「個人能力」に優れているのはこの選手かもしれない。

愛称はずばり“弾丸”。その名の通りロケットのようなスピード、踊るような仕草のドリブルで、対峙した相手を幻惑するアフリカ人タイプのアタッカーである。

そのスケール感たっぷりのプレーがスカウトの目に留まり、2016年、22歳の時にクロアチアへ。わずか半年で退団することになったが、欧州でプレーした経験が生き、その夏に行われたコパ・アメリカ・センテナリオで“本気”のチリ代表からゴールを記録した。

この2年間はコロンビア、ウルグアイ、コスタリカと移り、望むような成果をあげられていない。しかし今夏、中島翔哉もプレーするポルトガル1部のサンタクララに加入し欧州再上陸を果たしている。

日本はおろかアジアにもほとんどいないタイプだけに、Jの舞台で見てみたいものだ。