住友化学、独社の基幹業務システム導入

©株式会社鉄鋼新聞社

 住友化学はこのほど、ドイツのSAP社が提供する次世代基幹業務システム「SAPS/4HANA」を導入し、2021年度をめどに運用を開始すると発表した。

 新システムの導入に伴い、生産管理・物流・販売・会計などの業務プロセスを効率化するとともに、情報基盤の再構築と生産性の高い働き方の実現を目指す。

 新システムは全世界のグループ会社にも適用していく方針。

 住友化学は「SAPS/4HANA」を、既に一部の海外グループ会社で先行運用している。こうした動きを加速させ、今後、住友化学グループ全体にも展開する。

 経営管理情報のさらなる可視化と精度の向上を図るとともに、顧客やサプライヤーと在庫情報や出荷情報をリアルタイムに連携し、サプライチェーンマネジメントを強化することでより効果的な生産・販売活動につなげていく考え。

 また、RPA、AIなど最新のIT技術を最大限活用し、オフィス業務の抜本的な効率化も進めていく方針。