スペイン女子代表、W杯に向けた「完全オリジナル」の新ユニフォームを発表!

©株式会社コリー

6月に開幕するFIFA女子ワールドカップ出場を控えるスペイン女子代表。初出場となった2015年大会に続き、2大会連続2度目のW杯となる。

そのスペインとテクニカルスポンサーのadidasが、W杯に向けた新ユニフォームを発表。ホームは3月8日、そしてアウェイは4月8日にそれぞれリリースとなった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

2018年の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Spain Women's 2019 adidas Home

NEWホームキットは伝統のレッドを基調。右側のダイヤモンドのグラフィックが、男子代表の2018年W杯モデルを想起させる。

肩のスリーストライプスは、男子2018年モデルではイエローだったが女子はネイビーに。そして胸のadidasロゴは中央ではなく右胸に配置する。

パンツとソックスの色はともにネイビーを基調。どちらもイエローのスリーストライプスをあしらう。

このホームキットは、6日に行われたブラジル女子代表とのフレンドリーマッチでデビュー。試合は2-1で勝利を収めている。

Spain Women's 2019 adidas Away

近年はホーム・アウェイとも男子とは異なるデザインのユニフォームを着用する女子代表。アウェイもW杯に向けて完全新作を投入した。

ドットグラフィックが特徴のシャツは、各国のクラブチームのアウェイ・サードキットに採用されているものと同じだ。

ホワイトを基調にレッドとネイビーで彩る配色は、男子代表アウェイのデザインよりも引き締まっている印象。パンツとソックスの色もホワイトで全身同色コーデとなった。

NEWアウェイキットは、9日に行われるイングランド女子代表とのフレンドリーマッチでデビューの予定。

2度目のW杯となる6月のフランス大会では、ドイツ、中国、南アフリカと同じグループBに所属。そしてグループステージの結果次第では、ラウンド16で日本(なでしこジャパン)と対戦する可能性もある。