投票日「知らない」7割 NPOが長崎大で学生131人調査

©株式会社長崎新聞社

参院選の投票日を知っているかどうか調査する学生(左)=長崎大

 若者の投票率向上を目指し活動している学生組織、NPO法人ドットジェイピー長崎支部(朝永絢音代表)は17日、長崎市文教町の長崎大で、学生を対象に調査を実施した。約7割の学生が参院選の投票日を「知らない」と答え、関心の低さが浮かび上がった。
 参院選の投票日を「知っている」「知らない」と記したボードにシールを貼ってもらう方法で、学生131人に聞いた。「知っている」と回答したのは約3割の43人にとどまり、「知らない」は88人だった。
 回答した学生たちは「そろそろとは分かっていたが日にちまでは知らなかった」「知っているが、住民票を県外から移しておらず、投票に行くかどうか迷っている」などと語った。
 同支部メンバーの県立大シーボルト校2年、中村祥子さん(20)は「予想よりも投票日が浸透しておらず驚いた。調査をきっかけに一人でも多くの学生が投票に行ってもらえたらうれしい」と話した。