【プレミアリーグ】ムスタフィが右ハムストリング負傷で10月まで離脱…FAカップ決勝欠場は自身2度目に

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

アーセナルのドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィは、ハムストリングの手術で10月まで欠場となった。

【プレミアリーグ】2部降格、CL出場権、得点王…最終節で決定したあれこれ

28歳ムスタフィはFAカップ準決勝マンチェスター・シティ戦でハムストリングを負傷。25日に手術を受け、10月のトレーニング復帰を目指すこととなった。アーセナルは声明で、「7月18日のFAカップ準決勝シティ戦で右足を痛めた。検査の結果右ハムストリングに大きな損傷があることが判明した」と発表。「スコドランは25日に小規模の手術を成功させた。現在は回復とリハビリの初期段階にあり、メディカルスタッフのサポートを受け、10月のフルトレーニング復帰を目指す」と伝えている。

【FAカップ】オーバメヤンが2ゴール!アーセナル、3年ぶりに強敵シティを下し決勝進出!

今シーズン14試合に出場していたムスタフィは8月1日のFAカップ決勝チェルシー戦は欠場となり、病気でベンチ外となった2017年に続き2度目のファイナル欠場となった。

ムスタフィが手術敢行で10月まで欠場に