カブス逆転勝利 地区優勝かけて運命の163試合目へ

©MLB Advanced Media, LP.

【カージナルス5-10カブス】@リグリー・フィールド

ブリュワーズと並んでナ・リーグ中部地区同率首位のカブスは、初回にカージナルスに2点を先制されたものの、3回裏に4点を奪って逆転に成功。5回裏にも4得点でカージナルスを突き放し、10対5で逆転勝利を収めた。これによりカブスは明日、地区優勝をかけてブリュワーズとレギュラーシーズン163試合目を戦うことに。一方、敗れたカージナルスは3年連続のポストシーズン逸となる88勝74敗の地区3位でレギュラーシーズンを終えた。

2点を追う3回裏、カブスはベン・ゾブリストのタイムリー三塁打で1点差に迫り、カージナルス先発のジャック・フラハティの暴投により同点。さらにアンソニー・リゾーのタイムリー二塁打とジェイソン・ヘイワードのライト前タイムリーで2点を追加し、逆転に成功した。5回裏にはクリス・ブライアントの2点タイムリー二塁打とウィルソン・コントレラスの10号2ランで再び4得点。4点差に詰め寄られた直後の6回裏にはアルバート・アルモーラJr.のタイムリーなどで2点を追加し、カージナルスを突き放した。カブスは9投手が登板するなか、2番手として2/3イニングを無失点に抑えたアレン・ウェブスターが2015年以来3年ぶりの白星。カージナルスはフラハティが3回途中4失点で9敗目(8勝)を喫した。