【ヨーロッパリーグ】アーセナルが早期敗退の可能性も⁉ チェルシーはベスト8進出へ視界良好 〜決勝T2回戦2ndレグプレビュー〜

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ヨーロッパリーグ優勝候補に挙げられているプレミアリーグの2チームが、全く異なる状況に立っている。ホームで快勝したチェルシーとアウェイで痛恨の敗戦を喫したアーセナル。ロンドンのビッグクラブは仲良くベスト8進出を果たすことが出来るだろうか。

【プレミアリーグ】エメリはヴェンゲルを超えられるか?ネビル氏とキャラガー氏が両監督を比較

レンヌとの1stレグで1-3と敗北したアーセナルは、2ndレグでは最低でも2ゴールが求められる。ラウンド32で出場停止処分を受けていたアレクサンドル・ラカゼットが復帰を果たすものの、ソクラティス・パパスタソプーロスが1stレグで退場となり、守備に一抹の不安を残す。それでも、直近のマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチでクリーンシートを達成した勢いがアーセナルにあり、本拠地エミレーツ・スタジアムではレンヌを圧倒したい。

ホームではゴールが求められるアーセナル

【プレミアリーグ】レアル移籍が噂されるアザールの残留をドログバ氏が切願「なぜチームを離れる?ここにいれば幸せだ」

本拠地スタンフォード・ブリッジで3-0と勝利したチェルシー。2ndレグはアウェイでディナモ・キエフとの試合に臨む。ヨーロッパリーグの決勝トーナメントにおいて、1stレグで3得点以上を決めたチームは90%の確率で次ラウンド突破を決めている(81分の73チーム)。また今シーズンのヨーロッパリーグ全試合に出場しているウィリアンは、9試合で7つのゴールの関与(3ゴール5アシスト)。加えてディナモ・キエフは、1stレグをアウェイで敗戦したノックアウトラウンドで必ず敗退している(2回)。

チェルシーはベスト8進出に向け視界良好